投稿日:

改造車はノーマルの状態に戻して査定して貰った方がいいかも

車検に通る程度の改造を施した車は、中古車の査定ではどうなるのかというと、他の中古車と同様、状態と人気に左右されます。仮に改造に使ったパーツが売れ筋商品であれば評価も多少加点してもらえる可能性があります。しかし残念ながらパーツの劣化が激しい場合は修理や撤去の必要もあり、業者としては手間がかかりますから、その分だけ減点されるはずです。また、持ち主を選ぶような風変わりなデザインのものも、業者としてはマイナスをつけざるを得ません。ですから改造車はノーマルの状態に戻して査定してもらい、まだ需要がありそうなパーツならそれだけを売る方が金銭的にはオトクです。天気の悪い日(曇天や雨天)の査定では、車のキズなどのアラ隠しになって査定額は高くなる傾向にあるという俗説があります。けれども見落としやすいからこそ「見落とさない対策」も用意されているので、今となっては絶滅寸前の噂と思ったほうがいいでしょう。自分で洗車する人ならおわかりでしょうが、洗車して磨き上げた車は天気の良い日にはその美しさが際立ちます。以前から天気と査定の関係はいろいろ言われていますが、各々どちらが良いということは言えませんので天候には頓着せず、好きなときに査定してもらうのが一番です。個人所有の車を手放すにあたり選択できる手段は、カーディーラーに下取りに出す方法と、中古車屋への売却でしょう。もし売却するつもりであれば多くの業者に見積り依頼を出すことで契約をめぐって競争せざるを得ない状況を作り、結果的に高値で売却することも可能です。ディーラーの下取りサービスを利用する場合は、一社のみの独占ですので高額な金額はつきにくいです。ただ、一度の手間で売却と購入ができてしまうのでこれほど簡単なことはありません。一概にどちらが良いかは言えません。使い込んでスリップサインが出ているような状態であろうと、査定のためにタイヤを交換するのは意味のないことです。どんな高級車であろうとタイヤ部分は消耗品です。それに、車を中古車市場に出す時に業者が別のタイヤに交換してから売るのが一般的ですから、交換した甲斐がありません。そういうわけで、タイヤの劣化が査定額に与える影響はたいしたものではありません。所有者の方でタイヤ交換をしたところで、むしろ損ということになります。これから売る予定の車のホイールが純正品でない場合は、出張査定に来てもらう前に純正に戻しておくことをおすすめします。業者による査定では普通、もともとのメーカー品を装着している車のほうが査定はプラスされる傾向があるからです。きれいな状態を保つためにできるだけ倉庫やひさしのある屋外で保管すると良いでしょう。良好な状態を維持している他メーカー製ホイールは意外な値段でオークションなどで売れるケースもありますから、調べてみると良いでしょう。消費生活センターには例年、何千件もの中古車関連の金銭的なトラブル、取引上の不信感といった相談が相次いでいます。特に中古車売却についての事案は右肩上がりに増えています。一例を挙げると、買取一括査定サイトを通じて依頼したら時間を問わずしつこく電話をかけてくる業者がいる、勝手に査定に来ていて驚いた、違法ではないのかといった相談です。一人ではつけこまれやすいので、変だと思った時点で、冷静な第三者に相談することをお勧めします。中古車の買取には実物の査定が不可欠ですが、金額を提示した業者は即決を促すでしょう。いま決めてもらえたら金額を上乗せするといった営業アピールがあるのが一般的で、熱心さに負ける人もいますが、その場で決めるのは得策ではありません。車を売却する際はより多くの買取業者から見積りを集めるのが高額査定を得るためのセオリーだからです。心が動くかもしれませんが、まずは多くの見積額を手にすることを優先的に考え、見積り額が揃って相場がつかめたところで最良だと思う業者に連絡すれば良いだけです。誰でも愛車は高く売りたいものです。業者から競合見積もりを出してもらいたければ、中古車査定一括サイトを使うのが一番の近道でしょう。スマホ対応サイトも増えているので、いつでもどこでも査定を申し込むことが可能です。肝心の査定結果が得られたところで、見積額の高い業者の幾つかと実際に話してみましょう。しつこく営業電話を繰り返しかけてくる業者もないわけではないようですが、あとで嫌な思いをしないためにも早いうちに断るほうが良いかもしれません。業者に車を売却するときの心得として、あとでトラブルにならないためにもこちらが気をつけるべきポイントというのがあります。当然のことながら、あらかじめ契約書をよく読んでおくことです。どんな契約でもそうですが、契約書に書かれている内容は本人が署名押印していれば読んで了承したことになり、法的にも有効です。契約書はあらかじめ合意に達した内容通りに作成されているのか、そして値段、手数料といった金額に関連した文言はよく読んで理解しておく必要があります。裏の小さな文字の文章にも大事なことが書かれていますからすべてに目を通した上で契約するのが本来あるべき姿なのです。タイヤの状態は中古車の査定時にはあまり買取り価格に響かないと考えて良いでしょう。とはいうものの、もしスタッドレスを履いているままなら、ひと手間かけてでもノーマルタイヤにしてから売りましょう。一般的にはスタッドレスの方が高価なので価値があると思う人もいますが、積雪の多い地域でないと業者は通常のタイヤにつけかえてから販売する必要があります。つまりそれだけあらかじめ査定額から引いているというわけです。

おすすめ⇒ベンツ Cクラス 買取